ピックアップ

  • 作品名
  • 女優名

概説 [編集] 初期のメディア(媒体)はVHSが中心であったが、2010年現在、日本の合法セルビデオ(販売用ビデオ)の大半はDVDである。DVD登場前の一時期にビデオCDにより発売された作品がある。また、他のDVD映像ソフトと同様にハイビジョン撮影された作品[1]も多く、DVDのほかにブルーレイディスクの形態も存在する。2009年(平成21年)1月23日に、TSUTAYAでブルーレイディスクでのレンタルが始まった。NHKではDVDパッケージのものを「娯楽用DVD」と呼んでいる。 歴史 [編集] 詳細は「アダルトビデオの歴史」を参照 1960年代後半、日本電機メーカー各社から最初期のビデオテープレコーダの市販(主に学校・教育施設や企業、ホテルやモーテルおよび遠洋漁業の船舶向け)が開始されたと同時に、ビデオテープレコーダで視聴するための録画済ビデオソフトの製作が映像各社で始まった。 その頃より、少数ながらのポルノ映画・ピンク映画を収録したビデオソフトが製作され、主にホテルやモーテル向けに販売・貸し出しが開始された。一般的にこれらのソフトは「アダルトビデオ」の範疇には含まれない。しかし、ビデオテープレコーダを持っていれば、非常に高価ながら個人的にも販売・貸し出しを受けられたことから、ルーツといえるものである。 これらポルノ映画またはピンク映画が、映画用フィルムをもとに粗雑にビデオ化(テレシネ)処理した低画質商品であったところが、アテナ映像が初めてプロ用のベータカムで撮影を行い、その画質の良さに爆発的ヒットを記録したのが、AV誕生の歴史である。当時は、女性が一人のみ登場しオナニーの真似をするだけの内容であったが、画質の良さへの衝撃は相当なもので、ヒットに次ぐヒットを1社で連発した。 このアテナ映像の成功を聞きつけ、当時ビニ本(エロ本)の出版社が、撮影方法をアテナ映像に聞いて真似、後発メーカーが次々誕生したのである。AV普及期の初期作品として有名なのは、宇宙企画の『ミス本番』シリーズなど。1984年に素人学生風の女性が出演する『ミス本番・裕美子19歳』(田所裕美子)、『ミス本番有希子20歳めぐり逢い』(吉沢有希子―現早見瞳)などが発売され、ブームとなった。その後、淫乱ブーム、巨乳ブームなどがあり、多くのAV女優がデビューしている。 かたやユーザー側。この頃1980年代に、家庭用ビデオテープレコーダーのデッキが普及し始めた。それまでの映画館などで上映されるポルノ映画・ピンク映画に代わって急速に発展した。厳密に言えばアダルトビデオの大流行によりビデオテープレコーダーが普及したのであって、アダルトビデオそのものの誕生は女子大生ブーム誕生と同じ1980年である。これによって消費者は自宅の画面の前で自慰行為が可能となり、作品に即物的な絡みシーンを求めるようになった。このことは映画において客を飽きさせないために重視されたストーリーの軽視につながり、映像文化としては衰退を指摘するものもいる。普及の要因は、家庭用ビデオデッキが廉価になったことと、ビデオソフトを貸し出すレンタルビデオ店が増加し、安価に自宅で鑑賞できる環境が増えていったことが挙げられる。逆に、AVの登場がビデオデッキの普及率に貢献したともいわれている。同様にインターネットの急速な普及も、アダルトが大きな牽引力となっていた。 家電業界を二分したVHSとベータの争いの行方も決定づけている。当時のAVメーカーの大多数は小規模であり、両規格をリリースする体力がなかったため、1980年代前半からVHSがリードしていたという事情と機材が安価に調達できる環境が整っていったことから、AVのほとんどをVHSのみで供給した。結果、AVを見たいユーザーはVHSへ流れ、元々優位だったVHSがさらに優位に立ち、ビデオ戦争は事実上終結した。 その一方、次世代DVD競争で苦境に立たされつつあったHD DVDは、アダルトソフトで巻き返しを図ろうとしていたが叶わなかった。AVメーカーは当初ソフトコストの関係でHD DVD支持を表明していたが、BD陣営が開発した新技術やメディアの量産効果によりソフトコストがHD DVD以下になり、さらにワーナー・ブラザーズを筆頭とするHD DVD単独支持及び両陣営支持のメーカーの多くがBD単独支持へ移行したことにより、アダルト業界もBDになだれ打った。 流通の状況 [編集] 日本のレンタルビデオ店のアダルトビデオコーナー入口は暖簾で仕切られていることが多い。 セルビデオ店に陳列されているアダルトビデオのDVDパッケージ 人気AV女優は撮影会・サイン会・握手会などのファンとの交流を実施することが多い 日本のレンタルビデオ店のアダルトコーナーにある新作ビデオ棚。作品数は非常に多い。レンタルビデオが一般に普及している一方、販売を主目的としたビデオ(セルビデオ)も登場している。市場規模を見ると現在では通信販売でも買えるセルビデオの方が大きくなっている。また、ビジネスホテルやラブホテルの有料番組、CS放送番組、ケーブルテレビなどでも作品が放送されるなど、さまざまな場所で利用されている。 レンタルビデオ店の多くには、アダルトビデオの独立コーナーが設けられており、一般コーナーとは暖簾などで仕切られている場合が多い。これは、青少年の目に触れさせないためとアダルトビデオに嫌悪感を抱く人々に配慮、およびにAV利用者のプライバシーに配慮をしたものである。ただし1990年頃まではアダルトビデオ作品数が少なかったため、一般作品と並べられて展示されていた。 アダルトビデオのレンタル売上は一般の映画やアニメなどのビデオを上回ることが多く、レンタル店にとって欠かせない一大分野に成長した。数は少ないもののアダルトビデオ専門のレンタルビデオ店も存在する。また、セルビデオも急速に広まり、店舗数で言えばレンタルビデオ店を遥かに凌いでいる[要出典]。

求人情報誌FoocoMewフーコミュウ

高収入 アルバイトを探すなら、求人情報誌FoocoMewフーコミュウ(兵庫,滋賀,奈良,神戸,京都,大阪)

フーコ|高収入アルバイト

(参照:WikiPedia)

ニュース

ランキング

photo
昨今ではインターネットの普及と共に、AVコンテンツをストリーミング放送やデータダウンロードの形で提供するものも現れている(有料・無料がある。特に、廃盤作品はメーカーから提供を受けている業者からデータで買う以外に視聴方法はない)。
また、通信販売やネット上で申し込めるアダルトビデオの宅配サービスなども盛んである。 2006年6月現在、大規模な業者は日本に3社あり、郵便やメール便を利用して貸出・回収を行う。月々の料金は借りようと借りまいと発生する。そのため、業者の配送センターの近くに住んでいるなど特別な条件のある利用者以外は、月に10回転程度が実質的な上限となる。同一タイトルの在庫数にも限りがある。 メーカーによっては独自に流通配送システムを構築し、通販サービスの向上と低価格化を実現しているところもある。 P2Pソフト及び共有サービスサイトでは表・裏を問わずさまざまなAV動画が流通しており、ファイル共有ソフトやファイル共有サービスを利用したAV動画があげられる。 有料動画として海外配信されているアダルトビデオでは、日本国内より海外法人等が調達したアダルトビデオ媒体を海外基準で編集しインターネット経由でダウンロードさせ販売する流通経路も確立している[要出典]。 日本国内の者(個人・法人)が海外の法人を設立しアダルトビデオの販売を目的として動画配信を行う場合もある。